ダイヤモンドコート

ダイヤモンドコートは現在、一流の自動車、オートバイのプロショップ等で数多く採用されている特殊な塗装です。




ダイヤモンドコートは通常のウレタンのみの塗装に対し、シャープで鏡のような美しい肌艶を実現。

耐溶剤性と皮膜の耐久性をUP!
皮膜が硬いとキューには適さないと思いますが塗装を限りなく薄く仕上げることによって打感変化に敏感なプレイヤーにも対応!

通常のウレタンのみとは違い下地処理から仕上げまで通常の3〜5倍の手間暇がかかります。
もちろん研ぎ、磨きのコンパウンドも特別のものです。
時間は掛かりますが鏡のようなシャープな仕上がりは、一目見てもその差は歴然!


納期 1ヶ月〜2ヶ月

 25000円〜
シャフトリング塗装1本につき2000円
バットとシャフトのつなぎ目はバッチリしあがります。
 (グリップ代別途)


1989年モデルのジョスウェストです。
16年も前のモデルで一度もリフィニッシュされていない状態でした。





ダイヤモンドコートをした物です。
バットエンドのデルリンは塗装したように御覧になれますが実は磨きのみの作業です。塗装をかけても時間がたつと剥がれやすくなるので当店では超微粒子のコンパウンドで時間をかけて磨き上げます。




例01 ショーン



例02 Paul Dayton ポール デイトン


もちろんシャフトのリングもダイヤモンドコートいたします。 
サインも消さずに仕上がります。

例03 Joss West  ジョスウェスト





















SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO